2014年06月04日

山の上の葡萄畑

さてさて、私達は山の上の葡萄畑に来ていますわーい(嬉しい顔)


写真 1.JPG


今年からこちらの葡萄畑で作業することになりました。


昨年、私の伯父が他界し、主を無くした葡萄達・・・


誰も作り手がおらず、手を入れてもらえない葡萄達!!


せっかく伯父が愛情を注いで育ててきた葡萄なのだから・・絶やしては可哀想だと・・雅さんと相談し、


私達がお世話をすることになりました!!


しかし・・場所がちょっと離れていて、私達が作業している場所から車で20分


隣町の倉敷市なのです。


それに、なんといっても山のてっぺん!!


フラットな畑でしかしたことがない私達には、斜面の畑での作業は足がキツイですたらーっ(汗)


写真 1.JPG


一列一列作業していくのですが、その度に斜面を登ったり下りたりするので、足がパンパンですわーい(嬉しい顔)


写真 2.JPG


友清さんも、途中、屈伸しながら頑張ってくれていますexclamation×2


まずは、房摘み作業と、誘引と摘心を同時進行でやりました!!


ここの園地はあまり時間が取れないので、さっさと作業を終わらせていかないといけないのですが・・・


なんといっても、3つの作業の同時進行!!


進むわけがありませんたらーっ(汗)


とりあえず、房摘みをしていってました。


周りにも、色んな方が葡萄栽培をされていて、


見慣れない私達が作業をしていると、


色んな方が見に来て、声を掛けてくれますぴかぴか(新しい)


そんな中、友清さんと必死に作業をしていたら・・・



近くで、桃の作業をしていた方が、手伝ってくれましたわーい(嬉しい顔)


写真 3.JPG


房先の葉っぱを8枚で止める、摘心作業をしてくれました〜〜〜


すっごいすっごいすっごい助かりましたわーい(嬉しい顔)


ここの土地の方は、本当に優しい方たちばかりです!!


私達がしていたら、素人がやってるのかと思われて、近くの葡萄畑の方(もちろん年配の方)が、


「次はこの作業をやるんで〜」


とか、 「そろそろ花が咲きょうるけ〜ジベせにゃ〜おえんで〜」と教えてくれます (笑)


知っとる〜〜〜・・とは言えずあせあせ(飛び散る汗)


「そうですね〜ありがとうございます〜」と言って楽しくコミュニケーションをとっていますぴかぴか(新しい)


ここは、山なので、鳥の鳴き声や、木の香り、山からの眺め・・


いつもやってる環境と全然違うので、とっても気持ちがいいです!!


お昼は、お弁当を持って行って食べています。


写真 2.JPG


作業が終わると、目の前の山に沢山”ふき”が生えていて、友清さんと夢中になって採りましたるんるん


近くの畑でジャガイモや、そら豆、玉ねぎももらいました!!


写真 4.JPG



写真 3.JPG
[友清さんとジャガイモ]



も〜〜〜〜自然いっぱいの圃場で、と〜〜〜〜っても楽しいです!!


どんな葡萄ができるかな〜〜


伯父の思いを受け継いで、愛情いっぱいの葡萄を作りたいと思います!!











posted by 山雅ファブリカン at 09:24| Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: